株式会社ジオネクスト(以下「ジオネクスト」)は、平成25年11月8日付の「新たな事業(再生医療事業及び再生可能エネルギー事業)の開始に関するお知らせ」及び平成26年1月30日付の「子会社の設立に関するお知らせ」おいて公表しておりますとおり、ジオネクストグループは当連結会計年度から地熱エネルギーを有効活用した地熱・温泉バイナリー発電事業を開始いたしました。
今回の固定資産取得は、発電端出力1,500キロワット前後の地熱・温泉バイナリー発電を行うための発電所用地として活用するものであります。

発電所用地取得について

ジオネクストは、平成25年11月8日付の「新たな事業(再生医療事業及び再生可能エネルギー事業)の開始に関するお知らせ」公表以降、ジオネクストは自社での地熱発電・売電事業への参入を検討してまいりました。その結果、リスクをできるだけ抑制し、かつ高収益を得るためには、すでに高温・高圧の噴霧が湧出している土地での事業展開が必要と判断し、平成26年1月に、今回の固定資産の取得先である株式会社ジオサーマル・ホールディングスに対し、ジオネクストが地熱・温泉バイナリー発電を行うための発電所用地(源泉及び土地)の確保を依頼いたしました。このたび取得に至った鹿児島県指宿市の固定資産は、取得価格面からみてもジオネクストが事業採算性を十分に満たすと判断できるポテンシャルを有する源泉・土地であります。その一方で、地権者が複数名存在するため、発電所用地として一筆でも欠けると発電機設置のための工事や発電機設置に支障をきたすこととなり、全筆同時取得が必要不可欠な条件となっておりましたが、このたび全筆取得に目処がつきましたので、株式会社ジオサーマル・ホールディングスとの売買契約を締結することとなりました。

所在地 鹿児島県指宿市
現 況 山林・農地 約5,000平米
温泉使用権(現在約160°C、9気圧の噴霧が湧出中)
取得価額 60百万円

関連情報