株式会社ジオネクスト(以下「ジオネクスト」)は、ジオネクスト子会社の株式会社遺伝子治療研究所と韓国の遺伝子工学のバイオ企業であるToolGen Inc.社(以下、「ToolGen社」)との間で、共同研究を含む技術業務提携を行うことを決定いたしましたので、下記のとおりお知らせいたします。

業務提携の趣旨

ジオネクストは平成26年5月に先端医療関連事業を行う株式会社遺伝子治療研究所を設立いたしましたが、このたび同社と韓国の遺伝子工学のバイオ企業であるToolGen社と、共同研究を含む技術業務提携のための覚書に調印いたしました。
ToolGen社は、遺伝子工学分野の世界的に著名な研究者でありますKim Jin-Soo氏(以下、「Kim氏」)が率いるソウル大学発のバイオ企業であり、韓国証券取引所にて株式公開を行っております(KONEX市場:証券コード199800)。同社は遺伝子工学の分野において、特にゲノム編集技術の開発に関する研究を中心に事業展開をしており、同分野での論文等も多く発表しております。2010年以降は、世界的にゲノム編集技術の革新が続き、ZFN、TALENの他、特に2013年には最新技術であるCRISPR/Cas9等に関する研究発表が相次ぎましたが、ToolGen社はこれらの技術で先行している企業であります。
今後は、両社間で血友病Aの遺伝子治療に関する共同研究を検討してまいります。血友病に関する遺伝子治療は、欧米で臨床研究が開始した段階でありますが、株式会社遺伝子治療研究所のAAVベクター技術と、ToolGen社のCRISPR/Cas9及びTALEN等の効率の良い最新ゲノム編集技術を組み合わせることによって、先行する欧米の遺伝子治療を追随し、今後1~2年で前臨床研究を実施し、その後臨床研究を検討する予定であります。

関連情報