株式会社ジオネクスト(以下「ジオネクスト」)は、新たに固定資産(バイナリー発電機)を取得することについて決定いたしましたので、下記の通りお知らせいたします。

取得までの経緯

ジオネクストは平成26年9月24日付「固定資産取得のお知らせ」で開示いたしましたとおり、ジオネクストグループが鹿児島県指宿市に建設中のバイナリー発電所の能力を増強するために、新たにバイナリー発電機2台を取得することを決定いたしました。しかしながら、九州電力株式会社より、九州本土での再生可能エネルギーの今後の受け入れに関して検討を要するために、今後数ヶ月間、再生可能エネルギーの固定価格買取制度の申込に対する回答を保留するとの発表があり、ジオネクストは平成26年9月25日付「固定資産取得延期のお知らせ」で開示いたしましたとおり、バイナリー発電機2台の取得を延期することを決定いたしました。同日以降、ジオネクストは各方面からの情報収集を行ってまいりましたが、バイナリー発電は、太陽光発電とは異なり24時間安定した電力供給が可能でありベース電源としての期待も高い発電方式であるために、今後もその位置づけに変化はなく、九州電力株式会社の発表が当社の再生エネルギー事業計画に与える影響は軽微であると判断いたしましたので、延期しておりましたバイナリー発電機2台の取得を決定いたしました。

取得資産の内容

設置場所 鹿児島県指宿市
現 況 E-RATIONAL社 4MW-260kW 2台
取得価額 216百万円

関連情報