株式会社ジオネクスト

情報開示の考え方

1.基本方針

株式会社ジオネクスト(以下当社)は、株主、投資家の皆様に、当社の経営戦略、事業活動の状況、財政状況等を適時、公平、正確に、積極的かつ継続的に開示します。

2.情報開示の基準について

当社では、商法、証券取引法等の諸法令および大阪証券取引所が定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則」(以下適時開示規則)等 に基づき情報開示を行います。株主・投資者の投資判断に影響を与える決定事項、発生事実、決算に関する情報が発生した場合や、証券取引所から照会があった 場合には、速やかに情報開示を行います。
また、適時開示規則等に該当しない事項につきましても、株主・投資者の理解を助けると判断した情報は、できるかぎり積極的かつ公平に開示します。

3.情報開示の方法について

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所の提供する「TDnet」(適時開示情報伝達システム)にて開示し、「兜倶楽部」(東京証券取引所内記者クラブ)において資料配布等を行います。
また、当社は本ウェブサイトを株主・投資者に対する重要な情報発信源のひとつと考えています。したがいましてTDnetにより開示した情報につきまして は、情報開示の適時性、公平性の観点から、本ウェブサイト上でも速やかに開示します。ただし、本ウェブサイトには当社が開示している情報の全てが掲載され ていない場合、他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合があります。なお、本ウェブサイト上での掲載につきましては、TDnetでの開示から大きく遅れる可能性がありますので、当社の開示情報を確認する場合はTDnetの情報も合わせて参照して下さい。

4.沈黙期間について

米国では決算発表直前に「沈黙期間」を設け、決算発表資料準備期間中に株価に影響のある情報が漏れることを防ぐために、決算に関する一切のコメントを控え る慣習があります。当社もこの慣習を採用し、決算日の翌日から決算発表時までを「沈黙期間」として、決算・業績見通しに関連するコメントや質問への回答を 控えます。但し、「沈黙期間」中に予想に大きく乖離が生じた場合は、適宜、情報の開示を行います。

5.業績予想および将来の予測について

当社ウェブサイトに掲載されている、当社の計画・将来の見通し・戦略などのうち、過去または現在の事実に関するもの以外は、将来の業績に関する見通しであ り、これらは現時点で入手可能な情報による判断および仮定に基づいています。したがって、実際の業績は、様々なリスクや不確定要素の変動および経済情勢な どによってこれらと異なる結果になる場合があります。

6.第三者による業績予想および市場の噂や憶測への対応

当社は、第三者による評価、業績予測、または風評などに関しては原則としてコメントしません。しかし、これらが資本市場に大きな影響を与える、あるいは与 える可能性が大きいと当社が判断した場合、また、証券取引所等から説明など必要な対応を求められた場合はこの限りではありません。

7.第三者への情報開示

当社は、機関投資家、アナリスト等との個別ミーティングでは、既に公開された事実、周知の事実、あるいは一般的なビジネス環境等、限られた情報に限り言及します。

8.情報開示をお断りする場合

当社は、競争優位上あるいは守秘義務契約上、特定の情報に関するお問合せにお答えできない場合があります。

9.投資判断について

当社ウェブサイトへの情報掲載につきましては、当社へのご理解を深めていただくことを目的としており、投資勧誘を目的としたものではありません。投資に関する決定はご自身のご判断において行われるようお願いいたします。

10.情報の正確性について

掲載内容については細心の注意を払っておりますが、情報の誤りやデータのダウンロード等によって生じた損害に関しましては、当社は一切責任を負いかねますのでご了承ください。

  • メールでお問い合わせはこちら

適時開示情報

PAGETOP
GEONEXT グループ
GEONEXTTurbolinuxkonekto東環日本地熱発電エリアエナジー

Copyright © 株式会社ジオネクスト All Rights Reserved.